FUTURE DESIGN 未来をデザインする

学校外で育つ子と、多様な遊び・学びの場をつなぐプロジェクト

雑草学と梅ジュース作り

f:id:futuredesign15:20170703200103j:image

もう2週間以上前の記録ですが、、、。

 

 

ホームスクーラーの長男(二男と三男も最近ジョインしつつある(^^;;)の我が家。

月に1度くらいの頻度で、理科の先生がうちに出前授業に来てくれています。
(お金をお支払いしているわけではなくて、全くの善意、、、というか、近所のおばちゃん的な感じで、遊びに来てくれてます😊

今年に入ってからは20代の社会人の子も遊びに来てくれて、
どんどん多世代になってきました。

ホント、いろんな人に見守られて子育て出来てます😌💕。)

 


4月はこんにゃく芋からこんにゃく作り

5月は白身魚からはんぺん作りと、面白科学実験料理。

で、6月は二男の「町探検をしたい」というリクエストと、「6月と言ったら梅ジュースでしょー!」という流れで、探検&梅ジュース作りになりました。

 

まずは町探検。

f:id:futuredesign15:20170703200132j:image
歩きながら、Yさんの「雑草学講義」がどんどん飛び出します。

「ここをピンピンって弾くとタネが出るよ」
「この葉っぱは、ここを持って、フーって吹くと、ほら、くるくる回るでしょ」
「これは匂いの出る花。なんていう花か分かる?」
「あじさいの花って、ガクなんだよ」

 

f:id:futuredesign15:20170703200205j:image

子どもたちはタネを飛ばしたり、葉っぱで遊んだり、
体験しつつ、講義を聞きつつ。

足元の雑草にこんな面白い世界があったなんて!と私もびっくり。
まさに『雑草学』。

f:id:futuredesign15:20170703200240j:image
帰ってきてからは、梅ジュース作り。


いつものように子ども達が計って、作りました。
ここは算数。

 

もう何度も作ってるのに、長男がずっとつくり続けることにちょっと感動。

 

この子は本当に作るのが好きなんだなーと。

 

f:id:futuredesign15:20170703200501j:image


最後はお土産でもらった顔のペイント剤を顔につけて、またどこかの部族のようになって、子ども達、遊んでました。


家の中に私とは違う大人が来ると、家の中に風が吹く。

 

そんな良さを感じた日でした。

多様な学びを選べる社会へ

f:id:futuredesign15:20170701202006j:image

 

今日はこの会に行ってきました!

多様な学びの保障のために国会で頑張っている人たちがいたことはなんとなく知っていたけど、こういう会に行ったのは初めて。

 

f:id:futuredesign15:20170701202018j:image

 

へー!とか、えっ!?そうなの!?勘違いしてた、、、とか、いろいろ勉強になりました。

 

 

今、私たちが作っているロゴステッカーのこともこちらの事務局の方に説明したら、私が事務局会議に参加させてもらって賛同を得られたら、オルタナティブスクールやフリースペースに貼ってもらうように声かけてくれるそうです。(事務局の方はとても理解してくれました^_^)

 

 

素敵なロゴを実際に作ってくれた北本さんがいたから、実物を見せて話せたし、その前には一緒に貼ろうよと言ってくれた『宮前子育て応援だん』の茂木さんがいたからで、振り返ってみるといろんな人の力を借りて、ここまで来れたんだなーとしみじみ思いました。

 


来週からは実際に自分の近所に張りに回って、試行期間に入ります。
まだ貼るよって言ってくれてるのは二箇所。

でもここからだから、気にしないでいこう。

 


一緒に張りにいくよ!とか、うちの近所でもやってみるよ!という方は声かけてくださいー。

 

 

 

色の探究 (2)

f:id:futuredesign15:20170701101420j:plain

 

色の三原色

 

少し空きましたが、色の探究、続きです。

 

「色の三原色って何?」と言う三男のために、

翌日は実際に色を混ぜてみることにしました。

 

 

まずは色々な絵の具を見せたら、アクリル絵の具を使いたい、という二男(8)と三男(6)。

(長男は興味が湧かなかったみたいで違うことをしていました)。

 

 

f:id:futuredesign15:20170701095723j:image

 

赤、青、黄色の三色で色々な色を作っていきました。

2人で一緒の紙に塗っていきます。

(本当の三原色は、赤、青、黄色ではないみたいなんですが、急に全部揃えられなかったので、簡易的にこれで)。

 

 

途中、「黄色と白を混ぜると金になる」と主張する二男。

「そ、それは、、、、そう、うん、えーーーーー、うん、そう見えるかもしれないね(^^;;」、と私(笑)。

 

 

3つの色でいろんな色が作れることがわかったので、

せっかくなので絵の具を変えて、シュトックマー社の絵の具でにじみ絵もやってみることに。

 

f:id:futuredesign15:20170701100435j:image

 

先に紙を濡らして、ゆるくといた絵の具を垂らして描きます。

紙の上で偶然の色の混じり具合を楽しむのが面白い!

 

 

はい、ここでも独自な2人。三男は紙を折ってみたらどうだろう?と紙を折り始めました。

f:id:futuredesign15:20170701101117j:image  

 

おお!きれい。

f:id:futuredesign15:20170701101234j:image

 

 二男はストローで絵を描き始めました(笑)。

f:id:futuredesign15:20170701103057j:image

苦しくなって途中でやめました笑。

 

 

やっぱりこちらの斜め上で返してくれます笑。

 

 

その後も、「色水を作る」と、

三男はベランダに移動して、色を混ぜる遊びをずっとやっていました。 

f:id:futuredesign15:20170701103119j:image

 

f:id:futuredesign15:20170701101420j:image

 

これは安いのでいいので、ダイソーの絵の具で。

下の卵パックは長男に水をかけられて色が混ざってしまったんだとか。

 

 

 

光の三原色

 

せっかく色の三原色をやったので、翌日は光の三原色をやってみることにしました。

 使ったのは100きんのカラーセロファン紙と懐中電灯3本。

 

f:id:futuredesign15:20170701104420j:plain

 

 まずは子ども達に、

「絵の具の色を全部混ぜたらどうなった?」と聞いてみました。

二男は「紫!オレンジ!」と答えていたけど、全部は混ぜてないからわからなかったそうです。

 

色水あそびをしていた三男は「茶色!」

 

。。。

 

た、確かに現実は茶色でしたね(^^;;。

『暗くなる』ということを確認して、では光の場合はどうなるかな?って予想してもらいました。

 

 

「同じように黒!」

「逆に白くなる!」と予想が出てきてから、実際にやってみることに。

 

 

まずは2色を混ぜてみます。

 

紫だー!

f:id:futuredesign15:20170701105835j:plain

オレンジだー!

f:id:futuredesign15:20170701105751j:plain

 

黄緑!

f:id:futuredesign15:20170701105934j:plain

 

ここは絵の具と似てるね。

 

じゃあ3つを混ぜたら?

 

 

うーーーん。分かりづらい。

でも???

 

 

あ!白だ!白じゃない?

f:id:futuredesign15:20170701110116j:plain

写真ではうまく撮れなかったけど(^^;;、

三原色を探究した実験でした^_^。

 

 

 

 

学校外で育つ子と色々なな遊び学びの場をつなぐプロジェクト

futuredesign15.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

色の探究(1)

f:id:futuredesign15:20170628153445j:image

先週の日曜日はちょっと早めに開いたパパのお誕生会。

色の探究も兼ねて三色丼を作ることにしました。

 

 

まずはそれぞれの丼を絵に描いてみます。

 

 

私「3原色ってなんの色か分かる?」

長男、二男「赤!青!黄色〜!」

三男「えっ?なにそれ、なんで三原色っていうの?」

2人「混ぜると色が出来るの!」

三男「え?わからない。どういうこと!ねぇどういうこと!」

 

ふむふむ、なるほど。これは次にやることにして。。。

 

私「じゃあ三男くん、どうしてその三色かは次にやることにして、三色丼考えてみてねー」

 

 

まずは長男。 

f:id:futuredesign15:20170628153553j:imagef:id:futuredesign15:20170628153609j:image

色から考えて、材料は後から考える方法。これはきれいですねー。

 

 

 

次は二男。 

f:id:futuredesign15:20170628154113j:image

「いくら」から始まった二男ワールドはどんどん進んで、えび、牛の丸焼き、鳥、カメ、草餅(緑)、そしてなぜかパパ(笑 )。

丼すら見えません(笑)。

何度か、丼は?と聞いたけど、最後まで表れませんでした。

独自です。すごいです(笑)。野菜のかけらもありません笑。

 甘味とタンパク質だけの丼。

 

 

次!三男。

f:id:futuredesign15:20170628154528j:image

えー。。。三男さんは「僕は味を考えるから」と、調味料しか考えませんでした。

斜め上をいく子ども達に、母さん、笑いしかでません。

でも三男さん、あいうえお表を見ながら一生懸命書いてました。

。。。ごまじるって何!?

 

 

 

買い出しは長男、二男と。

 

 

 

はじめはそれぞれの材料にしようと話していたけど、下の子逹のことも考えて、2人の意見も入れた共通材料のすることにしました。

誕生日会なので、ケーキも作ることにしました。

 

 

 

さてさて、帰ってきてから、まずはケーキづくり。

f:id:futuredesign15:20170628155053j:image

 

 

 

そして、三色丼?多色丼?の具も基本、子ども達に準備してもらって、、、。

 

 

具が完成!

f:id:futuredesign15:20170628155227j:image

卵のそぼろ作りやアボカド、マグロやサーモンのカットは長男と二男が頑張りました。

海苔やトマトを三男と長女が担当。

 

 

この右側にしっかり三男さんこだわりの調味料コーナーもあります(笑)。

 

 

 

ケーキも完成! f:id:futuredesign15:20170628155251j:image

 えーーーと。子ども用に買ったキャンドルが初おろしされてしまいましたが、、、ま、いいでしょう。。。

 

 

 

 それぞれ選んで作った丼も完成!

f:id:futuredesign15:20170628155326j:image

若干、、、海苔が色の美しさを消しているように思うのは、母だけでしょうか^^;?

ねぇ、これって色の探究だよね?

ちょっと失敗しちゃってない?

 

 

そして、誰かの丼は二重になっていて、いくらやマグロがたんまり隠れていました。

埋蔵イクラ?埋蔵マグロ?

この高級食品は、しっかり主張して!

 

 

 

美味しい色の探究でした^_^

 

色の探究はまだまだ続きます。

 

 

学校外で育つ子と多様な遊び学びの場をつなぐプロジェクト 

futuredesign15.hatenablog.com

 

綿の種を植える

こんにちは!20日のミーティング後から色々進んで、報告する間もなかったたなちゅうです。元気です。


私、うっかり八兵衛が基本装備のようなもので、失敗だらけの人生なんですが😅、先日行ったコロニーヘーヴで赤ちゃんの哺乳瓶を忘れて帰ってきました。


で、運営の方から哺乳瓶を着払いで送って頂いたんですが、そこにワタの種を同封して頂いていました。

f:id:futuredesign15:20170625144014j:image
気づいた時の「うわーーー!」という喜び。
なんというんでしょうか?
「あーまたやっちゃったー」的ながっかりを飛ばしてくれる粋な計らい、優しい心遣いに感謝感激でした。


早速、同封してくださった手書きのお手紙を見ながら、子どもたちと数日水に浸けて、

f:id:futuredesign15:20170625144043j:image

 

 

今日見たら、本当は1日、2日って書いてあったのに、置いときすぎて種から芽がでてきた!てーへんだ!大切な綿の種が!

f:id:futuredesign15:20170625144118j:image

 

 

ってことで、今日は庭の雑草だらけの場所を二男と長女と掘り起こして、フカフカの土にしてから、種を埋めました。 

f:id:futuredesign15:20170625144150j:image


ちょっと土を触るだけで、ミミズがいたり、てんとう虫がいたり、ちっちゃな赤ちゃんバッタがいたり、その赤ちゃんバッタをアリの巣近くに置いて(勝手にバッタが跳んでいったと二男は主張していたけど…)死闘を観察したり、、、と寄り道たくさんしながら、タネを埋めました。

f:id:futuredesign15:20170625144233j:image

助けてー僕は無実だー!

f:id:futuredesign15:20170625144238j:image

抵抗するな!こっちへ来い!

わーん、トウサーン!カアサーン!

f:id:futuredesign15:20170625144257j:image

足、もぎ取られる。。。

f:id:futuredesign15:20170625144635j:image

ジタバタ。

巣の中へ。。。

 

戻ってきてから、三男も加わって、一緒に種を植えました。

f:id:futuredesign15:20170625144854j:image

 

去年は、長男と羊毛を草木染めしたことがあったんですが、また秋になって種がワタになったら、収穫して、ウールとコットンのワタの違いを確かめるのが今から楽しみです!

 

 

学校外で育つ子と多様な遊び学びの場をつなぐプロジェクト

futuredesign15.hatenablog.com

 

 

 

 

パワポ達人現わる

f:id:futuredesign15:20170615161513j:image

 

先日、パワポ資料に四苦八苦の私に助け舟が。
(写ってないけど長男、四男も一緒に。)

 

 

futuredesign15.hatenablog.com

 

 

 

付箋で要旨をまとめて、そこから一気に大枠を作ってくれた友人。

 

外からの視点で、

 

私の資料だと何が足りないのか?
何を入れると良いのか?
こことここは一緒に出来るね、と、
具体的なアドバイスもくれました。

 

良い友人に本当に感謝です!

子育てに追われて、私本人の進みは遅いんですが、助っ人の力を借りながら進めています。

みわちん、ありがとう😊!!

 

 

------------------------

 


6月20日10時〜12時にもミーティングします!
場所は前回同様、代々木の探究ラボさん。
ロゴについて、クラウドファンディングについて、起業支援応募について、今の地点の進捗状況報告と、これからのロードマップのついて話す予定でいます。

 

 前回のミーティングの様子はこち

futuredesign15.hatenablog.com

 

「我がこと」で関わって頂ける仲間を募集中。

来られる方はfuturedesign15@gmail.comかコメントまでお願いします!

 

 

 

おまけ

今年の春2回目の、我が家の巣箱にヒナが孵りました。

f:id:futuredesign15:20170615161559j:image

 

 

「間」を感じる

f:id:futuredesign15:20170612075648j:image

 

土曜は子ども達がお世話になってるすいか少年団で飯盒炊飯。

https://mobile.twitter.com/suikashonendan

ほとんど火をつけたことがない子達が、かまど作りから。

 

 

どっち向きにする?
どうやって石を組む?

 

 

枯葉持ってきたよ、
木拾ってきた。

木はどうやって組もうか?

 


新聞持ってきた!
石、もっと要る?

 


と、学校の違う子ども同士でコミュニケーション取りながら試行錯誤してる姿が私は面白くて観察してました。

 

 

こういうのって大人がやった方が早いし確実です。

でも試行錯誤するから意味があるんですよね。

 

 

最初の石は、うまく組まないと網が後で崩れてくるし、
木の組み方や選び方も火のつき方が変わります。

 

 

自分のやったことがそのまま結果になるから、面白いし、子ども達も真剣になるのかな。

 

なんて見ながら思ってました。

 

 

とはいえ1回火つけに失敗したら、
指導員の大学生のお姉さん達がアドバイスして、
2回目は成功してました。

 

 

でもそこから今度はご飯は焦がしてしまったり(笑)。

 

f:id:futuredesign15:20170612075845j:image 

 

でもこういう、失敗できる時間や人間関係のゆとりが良いんですよね。

 

 

 

f:id:futuredesign15:20170612075837j:image

飯盒炊飯させてもらったお家の庭に黒曜石がたくさん落ちていて、それを拾って学校の違う友達と石談義してた二男。

自分発信で突然ナイトハイクも実現して、楽しそうでした。

 

 

私もこのところゆったり子どもと付き合うことを忘れていたので、
改めて「間」を感じる時間を過ごさせていただきました。

 

 

 


ホームスクーラーの長男がいる我が家。
良いところは自分の興味関心で学んだり、深められるところだなぁと長男を見て思いますが、
デメリットに感じるのは親子の関係が緊密になりやすいところと、
私が忙しくなって、自分一人の時間を持ちづらいところ。

 


こうやって親子の間に入って、一緒に子ども達を見てくれる大人がいることで、「間」が生まれます。

 


もちろん学校に行っている下の子達にとっても、学校と家以外の居場所が色々あった方がいい。

そんなことを感じた1日でした。

 

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ホームスクーラーが親以外の「斜めの関係」に出会える場にもなるサイト作り、

今頑張っています。 

このブログのスタートはここから。

 

futuredesign15.hatenablog.com