FUTURE DESIGN 未来をデザインする

学校外で育つ子と、多様な遊び・学びの場をつなぐ「多様な学びプロジェクト」代表生駒のブログ

いちごジャム作り

学校外で育つ子のためのサイト作りのグループメンバーから、

我が家が日々やっているホームスクーリングをもっと書いてみたら?とアドバイスをもらったので、これは一昨日と昨日の話を。

 

 

イチゴジャム作り♪♪♪

f:id:futuredesign15:20170509050529j:image

夫が生協で買ってくれていた小粒イチゴ。

これをジャムにしまーす。

 

ゴールデンウィーク中は散々外に遊びに出ていたから、日曜の夕ご飯の後。

たまたま「何やってるの〜〜?」とやって来た三男と(後から長女も)作りました。

 

f:id:futuredesign15:20170509050557j:image

 

鍋いっぱいのイチゴ!つまみ食いもされていたから正確な数量がわからないけど、3パックくらい使ったかも。

 

f:id:futuredesign15:20170509050612j:image

三男に砂糖を計ってもらいました。

 イチゴを計り忘れたから、砂糖だけ計るのはあんまり意味はないんですが(笑)、

「計る」は算数の勉強を兼ねて。

(本当はイチゴの総量の30〜50パーセントの砂糖を入れるようです。)

 

f:id:futuredesign15:20170509050621j:image

 

砂糖を手でまぶして、1時間以上おいて、イチゴから水分が出るのを待ちまーす。

(ちなみに『浸透圧』で理科にも繋がりまーす)

この日は1時間以上経つと就寝時間にかぶってしまうので、翌朝に続きはやることに〜〜。

 

 

朝!早く起きて来た三男と鍋に火をつけてイチゴを煮ます!

f:id:futuredesign15:20170509050628j:image

イチゴから出た水分だけで煮ていきます。

途中、レモン汁が無かったので、家にあったグレープフルーツを入れてみました。

(ちょっと苦くなった気がしたけど、ま、大丈夫、大丈夫(ホントか⁉︎))

 

 

甘い匂いが美味しそー。

 

朝ご飯を食べている間も、とろ火でずっと煮続けて。

 

煮続けて。

 

煮続けて。

 

煮続けて。。。。。

 

 

 

 

そろそろかなぁという頃に長女の幼稚園の送りになりました。

 

「ジャム焦がさないようにみといてね〜〜!」と仕事が遅番で家にいた夫に声をかけて出たら、、、。

 

帰ってきたら、、、、。

 

まさかの、

 

「焦げてるじゃないかー!!!」

 

ショックで出来上がりの写真を撮り忘れました(^^;;。

 

 

 

出来上がりは、、、「ほろ苦い」青春の味がしました(笑)。

 

でも、子ども達は家にある買ったイチゴジャムと食べ比べて、

「こっちも美味しい」と言ってくれました(^_^)。

 

来年リベンジするぞー!

 イチゴジャム作りでした。