FUTURE DESIGN 未来をデザインする

学校外で育つ子と、多様な遊び・学びの場をつなぐ「多様な学びプロジェクト」のブログ

【まちの先生活動報告】革作家から学ぶ〜革のキーホルダー作り

 

f:id:futuredesign15:20180309192736j:plain

 
 
今日は『まちの先生プロジェクト〜革作家から学ぶ〜革のキーホルダー作り』でした。
 
先生はセレクトショップに革のお財布やバックをおろされている真島さん。
会場は梶ヶ谷工作倶楽部さんでした。
 

f:id:futuredesign15:20180309192921j:plain

先生が材料を全て持ち込んでくださって作業。



 

身内のご不幸や体調不良などでキャンセルが出たこともあり、大人の参加を急遽ご了解いただいて、お母さんや見学の方も一緒に革のキーホルダー作り。ちゃっかり、スタッフの私も入れていただきました(^^)。

 
 

f:id:futuredesign15:20180309192953j:plain

好きな革の色と図案を選んで刺繍していきます。



 
実際にやってみるととにかく楽しい!
初めて扱う革だけど、工程を丁寧に説明していただいて、自分の好きな図案で、革の色や糸の色を迷いながら選ぶ作業はなんて楽しいんでしょうか!
 
 
 
優柔不断な私は色を選ぶのにいちいち迷って、小2の女の子に「また迷ってるの?(笑)」と突っ込まれてしまいました。

f:id:futuredesign15:20180309193416j:plain

茶色にするか青にするか迷いに迷って決めた青い鳥。
 
私に突っ込んだ彼女はものすごい勢いで作っていき、なんと裏表2面、そしてお友達の分も合わせて2個も完成させていました。
配色も高級ブランドのよう。

f:id:futuredesign15:20180309193027j:plain

先生から「キタムラみたいだね」と言われていた小2の女の子の作品。驚異の速さでお友達と2つ分完成。裏にはイニシャルを刺繍していました。
 
こういうことに年齢はない!
実感させていただきました、、、。
師匠と呼ばせていただきます、、、。
 
 
魚の図案を刺繍した小3の男の子は、子どもらしい個性的な配色。
「青い鳥」を刺繍した小1の男の子は、裏に油性ペンで別の絵も。
(偶然、私と同じ鳥の図案と青い色をセレクト。でも作る人が違うと全く違う感じになりますね!
そしてこの偶然が親子っぽいですね笑!)
 
 
それぞれがとても素敵なキーホルダーでした。
 
 

f:id:futuredesign15:20180309192736j:plain

みんなの完成写真。革と刺繍のセレクトで全く違う個性が出ています。
 
 
私の迷いに迷った「青い鳥」も完成。
毎日これを身につけられるなんて♪♪♪
 
とっても幸せな気分です♪♪♪
 
 

f:id:futuredesign15:20180309192819j:plain

手を動かしながらのおしゃべりも楽しかったです。
大人も子どもも混ざり合ってのワークショップ。
全てが新鮮でした。
 
 
真島先生、梶ヶ谷工作倶楽部の和田さん、来てくださった皆さん、ありがとうございました!
 
 
おまけ

f:id:futuredesign15:20180309192650j:plain

こども達はその後も梶ヶ谷工作倶楽部のトコトコで色々実験して遊んでいました〜。