FUTURE DESIGN 未来をデザインする

学校外で育つ子と、多様な遊び・学びの場をつなぐ「多様な学びプロジェクト」のブログ

自由は幸せなのか?

先日の夕飯後、苫野一徳さんの自由の相互承認の話をキッカケに、

長男(11歳)三男(7歳)と『自由と幸せ』についてディスカッションの時間になりました。

 


長男は、【自由に生きるのは幸せなのか?】
そもそもから、疑問を呈す。

 


「枠の中に生きている人は、それで充分幸せなんだよ。それで良いと思う。

(江戸時代、職業選択の自由がなくて農民に生まれても)、
農民として幸せに生きてたかもしれないよね。」

 

「枠にいれば、枠以外の生き方なんて知らないんだよ。」

 

一揆を起こすような、
枠から出た人間は殺されるんだよ。
普通よりも早死にするんだ。」

 

「そもそも、一揆を起こした人間は、
自由のためにとかそんな概念の為にやってないでしょ。」

 


自由は幸せなのか?
そんな問いを立てました。

 

 

三男は、長男と私のやりとりをじっと聞いたあとに、

「自分が幸せだなぁって感じるときが、
自由なときだと思うよ」

とポツリと。

 

 

そんな話を聞いたり話したりしながら、

私自身は、

 

私がいま感じている自由は、
実は富んでる日本という国だから感じられている自由で、

どこかの犠牲があって成り立っているのかもしれないなとか、

 

 

もしかしたら私自身も、自由だと思っているだけで、ただ枠に気づいていないだけなのかもしれない、

 

なんてことを考えました。

 


そして
自由は幸せなのか、、、っていう疑問は、枠を飛び出たからこそ、感じるものなのかもしれないなぁ、

 

とも。

 

 

選べる自由があるからこそ、

個人や、社会の成熟度が必要で、

成熟さの感度も上げていかないと幸せにはなれないのかもしれない。

 

 

でも長男に、

「学校に行かない子は逮捕します、って学校に行かない自由が奪われたらどうする?」と聞いたら、

 

「えっ!引きこもる。ムリ」

 

と。

 


子ども達と話すのは、いつも面白いのです。

 

 

<多様な学びプロジェクトについて>

私たちは、学校外で学び育つ子ども達が、平日学校のある時間に立ち寄れる施設やお店にステッカーを貼っていただく活動をしています。
応援する気持ちの表明だけでもOKです。


貼ってくださるお店や施設の方からのご連絡、随時お待ちしております!
futuredesign15@gmail.com

 

これまでのお店・施設実例はこちら→
ロゴステッカー実例 カテゴリーの記事一覧 - FUTURE DESIGN 未来をデザインする


町から学ぼう、町へ学ぼう。まちに住む「好きを生きる」大人と「学校外で学ぶ子」を掛け合わせてみたら?きっと面白い学びが生まれる!


まちの先生プロジェクト」も随時行っています。


これまでのまちの先生報告はこちら
まちの先生活動報告 カテゴリーの記事一覧 - FUTURE DESIGN 未来をデザインする

最新情報はフェイスブックのイベントページで更新しています。
多様な学びプロジェクト